友達とショッピングモールへ 【シチュエーションで英会話~留学編】

19 10月

author:

クラスで出会った友人と地元のショッピングモールへやって来ました。

 

Sayaはまずおなかが空いたので、food court「レストランエリア」で食事をしたいと思っています。

Saya: Hey, I’m hungry.  Can we eat something at the food court?
「ねえ、おなかすいた。何かフードコートで食べない?」

 

Mia: Sure!  What kind of food do you want?
「もちろん!どんな感じのものが食べたい?」

 

Saya: Hmmmm.  How about Mexican food?
「メキシカンフードは?」

 

Mia: Sounds good.
「いいね。」

食べ終わって。。。

Mia: I need some pair of jeans.
「何枚かジーンズが必要なんだけど。」

 

Saya: OK.  Where do you usually buy?
「OK。いつもどこで買ってるの?」

 

Mia: I usually go to Express to get my jeans.
「大体Expressでジーンズは買うかな。」

 

 

サヤが、

Can we eat something at the food court?
「何かフードコートで食べない?」

と言っていますが、Can we eat something?は直訳すると、「(一緒に)食べることができる?」となりますが、実際には「何か食べない?」と誘う時によく使われるフレーズです。
その他にも、パーティなどで飽きてきた時に、一緒に来た友達に、

Can we go home?
「そろそろ帰れる?」

というような時にも使えます。

What kind of food do you want?
「どんな種類が食べたい?」

のように、「どんな種類が~」で始まる文章はいつもWhat kind of~から始めましょう。

例:What kind of dress do you like?

 

また、その返答として、サヤは、

How about Mexican food?
「メキシカンはどう?」

と言っていますね。How about~?は、相手に自分の意見を押し付けない柔らかな表現ですので、とても感じが良いです。もし相手がいやなら、すんなりと断れそうな返し方ですね。

アメリカ人の友人と会うときは、自分のしたいことは率直に伝えましょう。

ひたすら相手に合わせていると、自分も相手も疲れてしまいますし、特にアメリカでは、自分に意見のない人と思われてしまうことがありますので、注意しましょう。

慣れない英語でもショッピングをしながらコミュニケーションがとれるので、出会ったばかりの友人とモールへ行くのはgood ideaですね!

(photo:Justin Hee / flickr )
(photo: nicolasnova / flickr )

お名前  (ニックネームでOK)
メールアドレス