レストランにて【シチュエーションで英会話~留学編】

23 10月

author:

SayaはホストマザーのCarolアメリカンレストランにやってきました。

メニューを渡され、飲み物にスプライトを頼むことにしましたが、メニューが多すぎて食べるものまでは決まっていません。

Waiter: Can I get you something to drink?

「お飲み物はお決まりになりましたか?」

 

Saya: Can I have sprite please?

「スプライトください。」

 

Carol: And, I will have diet coke.

「それと私はダイエットコーラにするわ。」

 

Waiter: OK.  Are we ready for order?

「ご注文はお決まりですか?」

 

Saya: Awww, I need more time.

「あーっと、もう少し時間が必要かな。」

 

Waiter: OK.  I will be back.

「OK。また戻ってきます。」

 

3分ほどして。。。

Saya: I would like a cheese burger and French fries.

「チーズバーガーとポテトをください。」

 

Waiter: Do you want pink in your meat?

「お肉はミディアムが良いですか?」

 

Saya: Yes, please.

「はい、お願いします。」

 

アメリカのレストランでは基本的にまず飲み物から聞かれます。一般的に炭酸飲料のことを英語でsodaといいます。Sodaの中から、colaspriteなどの種類を選びます。

ウェイターが、

Are we ready for order?

「ご注文はお決まりですか?」

と聞いていますが、Are we ready for~?で「(自分を含めて)~する準備はできていますか?」という意味です。

オーダーをする言い方として、いくつか例にあげると、

“I would like ~.”

“Can I have~?”

“I will have~?”

が一般的です。

 

日本人が間違えやすいのが、ポテトをそのままpotatoと伝えてしまうパターンです。
日本でのポテトはアメリカではフレンチフライとなりますので、注意しましょう。

また、肉の焼き加減についてpinkという表現がよく使われます。これは、ミディアムのことです。もし完全に焼いてほしければ、ウェルダンと伝えましょう。

(photo: @boetter / flickr )
(photo: jekert gwapo / flickr )
(photo: israelavila / flickr )

お名前  (ニックネームでOK)
メールアドレス