引越し 【シチュエーションで英会話~留学編】

20 11月

author:

以前エドガールームシェアについて相談したサヤ
エドガーともともと住んでいるニッキーとも顔あわせをし、今回引越し当日となりました。さて、アメリカでの引越しはどのように行われていくのでしょうか?

アメリカの引越しは日本と違い、引越し業者に頼むということはあまりしません。家具などの大きな荷物も友人や家族に頼んで、運ぶのを手伝ってもらいます。
また、トラックを持っていない場合は、U-Haulと呼ばれる会社の大きなトラックを借りて、自分で運転する人がほとんどです。


サヤの場合はエドガーが幸いにもトラックを持っていたため、エドガーに運転を頼んでサヤのボーイフレンドのダンと3人で引越しを行うことになりました。

Saya: OK.  That’s everything.  Let’s go to the new place!

「OK。それで全部だよ。じゃあ新居に向かおう!」

新居到着。。。

Dan: Edger, do you want to help me bring this bed first?  Saya, can you open the door for us?

「エドガー、まずはベッド運ぶの手伝ってくれる?サヤはドアを僕らのために開けといてくれる?」

 

Edger: OK.  I will get this side.

「OK。僕はこっち側を持つよ。」

 

Saya: Can I have your key Edger?  I still don’t have mine.

「エドガーの鍵貸してくれる?私自分のまだ持っていないから。」

 

Edger: Sure.  I have your key inside the house.  I will give you today.

「もちろん。君の鍵は家の中にあるから、今日渡すよ。」

 

Saya: Thanks.

「ありがとう。」

 

昼近くになって。。。

Saya: Thank you guys!  I will buy you lunch.

「ありがとう!お昼ごはんごちそうするよ。」

Edger and Dan: Woohoo!

「やった!」

 

お手伝いをしてもらったお返しとして、引越し最中の食事はご馳走しましょう。また手伝ってもらった相手が引越しの時は、進んでお手伝いに行くようにしましょう。

ダンが言っている、

Do you want to help me bring this bed first?

は、直訳すると「最初にベッドを運ぶのを手伝いたいですか?」と少し変な感じになりますが、意味的にはcan you~?「~してくれませんか?」と同じになります。

I will buy you lunch.「お昼ご飯をご馳走するよ。」という意味になります。Lunchの代わりにbreakfast、dinnerを使っても良いですね。

Woohooというのは英語でのやったーに近い言葉です。

男女ともに使えますが、万人が共通して使うというものではなく、個性が出る言い方と言ってよいでしょう。ご馳走すると言われたら、thank you.と返すのが一般的です。

アメリカ人の人たちは基本的にみんながリーダーの素質を持っているので、ダンやエドガーはサヤ本人よりも的確な指示をすばやく出していますね。すべてを相手まかせにせず、留学中には自分も積極的に意見を出すようにしましょう。

(photo: roland / flickr )
(photo: saguayo / flickr )

お名前  (ニックネームでOK)
メールアドレス