ルームシェアでの家賃の支払い【シチュエーションで英会話~留学編】

22 12月

author:

エドガー、ニッキと共同生活をしているサヤ
家賃の支払いはサヤが管理をしていて、次の支払い日はもうすぐです。
サヤはルームメイト二人に家賃の分担額を請求しました。

Saya: Edger, I need to pay the rent by the day after tomorrow.  Can you pay me $350 for the month?

「エドガー、あさってまでに家賃の支払いしなければいけないんだけど、当月分の350ドル払ってもらってもいい?」

 

Edger: Oh, thanks for remind me.  But, is it possible to wait until Friday this week?  I don’t get my paycheck until Friday.

「ああ、教えてくれてありがとう。でも、金曜まで待ってもらうことはできる?金曜にならないと給料が入ってこないんだ。」

 

Saya:That’s fine.  I will pay for yours for now.  You can pay me when you get your check.

「いいよ。それまでは私の方から出しておくね。お給料が入ったら支払ってもらえればいいよ。」

 

Edger: Thanks, Saya.

「ありがとう、サヤ。」

 

Nikki: Saya, can I give you cash? 

「サヤ、現金であげてもいい?」

 

Saya: Cash works for me.

「現金でもOKだよ。」

 

Nikki: Great.  Thanks!

「よかった。ありがとう!」

 

Thanks for remind me. の意味は「思い出させてくれてありがとう。」で、忘れているかもしれないことを案じて事前に教えてくれた場合に、感謝の気持ちを込めて相手にこう返すと自然です。

Is it possible to~?「~することは可能?」と相手に伺いをたてる言い方です。

他にも、Can I~?が同じ意味で使えますね。

 

また、Cash works for me.とサヤが言っていますが、A works for me.で、直訳すると「Aは私にとってうまく働くよ」ですが、意味的にはAで大丈夫だよ。」ということになります。

 

家賃のほかにもルームシェアをしていると電気代、水道代(賃貸の場合はオーナーが出してくれる場合がほとんど)、食費、ケーブルテレビやインターネットなど割り振りする支払いがたくさん出てきます。

サヤたちのように、誰が何を管理するのかを決めて、毎月しっかりと支払いをしていきたいですね。


【知っておくと便利な単語】

The day after tomorrow:あさって(ちなみにおとといはThe day before yesterday

Rent:家賃

Paycheck:給料のチェック(アメリカでは対外お給料はチェックで渡されます)

For now:今のところは

Cash:現金

(photo: polycaster / flickr )
(photo:401K / flickr )

お名前  (ニックネームでOK)
メールアドレス