インターンシップ先での差し障りのない会話【シチュエーションで英会話~インターンシップ編】

9 2月

author:

サヤは無事にインターンシップ先の会社を見つけることができました。

今日は出勤初日です。

トレーナーとのオリエンテーションと午前のトレーニングも済ませ、今はランチ時間です。

アメリカの職場ではどのように交友関係を築いていけば良いでしょうか。

???: Hi.  You must be Saya.  How’s your first day so far?

「ハーイ。あなたがサヤね。今のところ出勤初日はどう?」

 

Saya: Not bad.  Thanks.  What’ your name?

「悪くないよ。ありがとう。あなたの名前は?」

 

Kathy: My name is Kathy.  I am a senior accountant.

「私はキャシー。シニアアカウンタントよ。」

 

Saya: Nice to meet you, Kathy.  How long have you been working for this company?

「よろしく、キャシー。どのくらいこの会社で働いているの?」

 

Kathy: Oh my.  Long time.  It’s been for 7 years.

「あらまあ、もう長いことよ。もう7年になるわ。」

 

Saya: Wow.  How do you like working here?

「ワーオ。ここで働くってどんな感じ?」

 

Kathy: I love working here.  People are friendly.  We have potlucks almost every month.  It is nice to chat with people in the office. 

「私はこの会社が好き。みんなフレンドリーだし。ほぼ毎月のようにポットラックがあるのよ。オフィスのみんなとこうして話す機会があるというのは良いことだわ。」

 

Saya:  I can bring some California rolls for the next potluck.

「次のポットラックには私カリフォルニアロールもっていこうかな。」

 

Kathy: Cool!  I love those!!   

「いいわね!私それ大好き!!」

 

ランチの時間にたまたま会ったキャシーと友好関係を築けたサヤ。

このように、簡単な自己紹介から始まり、相手の会社でのポジションや、働いている年数など差しさわりのない会話から会話を発展させると良いでしょう。

初日はできるだけ多くの人と話して、名前と顔を一致させることが重要です。

 

さて、You must be Saya.  How’s your first day so far? 「あなたがサヤね。今のところ出勤初日はどう?」

とキャシーが言っていますが、must be~「~に違いない」という表現です。

~の部分には名詞が来ます。

今回の場合は、「あなたがサヤに違いない。」となりますね。

また、How’s your first day so far?so far「今現在のところ」という意味があります。

 

 

How do you like working here? 「ここで働くってどんな感じ?」とサヤが言っていますが、直訳すると、「ここで働くのをどのように好き?」ですが、これは実際の意味では「ここで働くってどんな感じ?」ですね。

 

また、話に出てきたpotluck(ポットラック)とは、定期的に会社で行われる食事会のことです。

食事会と言っても日本のように会社が終わって飲みに行くのではなく、昼食時間に1時間ほど、各自料理やデザートを持ち寄って、バイキング形式で食べるという感じです。

カリフォルニアロールは、アボカドとまぐろ(もしくはかにかま)、クリームチーズを酢飯でまいたもので、アメリカ人にとても人気があります。

Potluckに参加の際は、忘れずに一品持参するようにしましょう。

(photo: Vox Efx /flickr)
(photo: Marshall Astor – Food Fetishist /flickr)

お名前  (ニックネームでOK)
メールアドレス