アメリカでの学生生活~Part2 パーティーへの参加の仕方

28 6月

author:

アメリカで大学生活を送っていると、パーティーに誘われることが度々あります。

大体友達伝えで、「今日~の家でパーティーがあるらしいけど行く?」という感じです。たとえその主催者のことを知らなくても、その主催者から招待されている人と一緒に同伴ということでしたら、参加は全く問題ありません。

参加の際は自分の飲む量より心持ち大目の量、たとえばアルコールであれば6本入りのビールなどを持っていくとよいでしょう。学生同士の大人数で開かれるようなパーティーであれば、フードは期待しないほうが無難です。何か軽く食べてからパーティーに行くとよいでしょう。

また到着は開始時刻より少し遅らせましょう。

通常アメリカでは、少人数でのホームパーティーなどには、御呼ばれされた時間から最低15分から30分くらい遅く行くのが普通です。主催者の準備が整っていない状態に到着するのはマナー違反と考えられているためです。

ここは日本文化と180度違う考え方なので、注意しましょう。一軒家で開かれるパーティーであれば夜11時を過ぎると50人~70人ほど集まることがあります。せっかくアメリカに来たのですから、恥ずかしがらずにいろいろな人に話しかけ、交友をもちましょう。

また帰りの交通手段の確保は予めしておきましょう。

もし自分で運転するのであれば、安全のために飲酒は控えましょう。学生ビザ保持者がアルコール運転で事故を起こし逮捕された場合、最悪強制送還などの重い罰則を受ける場合があります。もし友人の車で帰る約束をしている場合は、置いてけぼりを食らわないよう、その友人の目の届く範囲でパーティーに参加しましょう。

パーティでは日本では想像もしたことがないような体験がたくさんできます。秩序を保ちつつたくさん参加して、友達の輪を広げていってください。

(photo:gementricxs / flickr )

お名前  (ニックネームでOK)
メールアドレス