アメリカで女性が男性に奢るのはアリ?

10 3月

author:

日本人の男性は女性に奢ることはあっても、逆のパターンに抵抗を感じる人が多いようです。

それではアメリカ人男性はどうでしょうか?

簡潔に回答だけ言ってしまうと、アメリカ人男性は女性に奢ってもらうことに対して抵抗はありません。

ただし、その女性との間に恋愛感情がないことが前提となります。

 

アメリカでは、初めてのデートの時には男性が奢ることが一般的です。

そして初デートが成功して、2回、3回とデートを繰り返している場合は、すでに恋人同士として関係が成り立つと考えられています。

恋人同士の関係が成り立った後は、男性ばかりがいつも払うのではなく、女性がたまに払うというのをありがたいと感じる男性も少なくないようです。

私自身も数回目のデートでは2、3回に1回は私がお財布を出していました。

それに対して好感を持たれたことはあっても、嫌がられたことはありません。

好意を持つ女性に恋人同士になる前の段階で奢られることは、その女性から異性として見られていないと考えられ、アメリカ人男性にとってとても複雑な心境になるようです。

 

男性が異性として好意を持っていない女性から奢ってもらうことに抵抗がない理由は、女性の社会的地位確立がひとつの理由となっているのではないかと考えられます。

アメリカでは女性の上司を持つ男性がたくさんいます。

私のアメリカ人の友人は、ガールフレンドが彼の直属のボスにあたる人でした。

もちろん彼女の給料の方が彼より高いことはお互い周知の上なので、彼女の方が彼に奢ることのほうが多かったように思います。

また、アメリカでは共働き夫婦もあたりまえの世の中です。

女性が男性と同じ、もしくはそれ以上の収入を得ている家庭もたくさんあります。

そんな家庭の中で育ってきた男性であれば、母親の影響から、男性が必ずしも女性を金銭面で支えなければいけないという常識は存在しないのかもしれません。

女性の社会進出が伴うにつれて、日本でもそういう男性は増えてくるのかもしれませんね。

(photo: epSos.de/flickr)

参考:Yahoo知恵袋より http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1270390282

お名前  (ニックネームでOK)
メールアドレス