グリーンカード申請手続き【シチュエーションで英会話~結婚編】

26 5月

author:

無事結婚式も終え、マリッジサーティフィケートを取得したカルロスとサヤ。

次のステップはグリーンカード(永住権)取得の申請手続きです。

 

Saya: Carlos, did you fill out the documents that I gave you the other day?  I also need your tax return.

「カルロス、この間渡した書類記入してくれた?あと、あなたの源泉徴収の書類が必要なんだけど。」

 

Carlos: I haven’t.  I’ll do it this weekend.

「まだ。今週末やるよ。」

 

Saya: You said that last weekend!  Please!  There is a time limit.

「あなた先週末もそういってたじゃない!タイムリミットがあるんだよ。」

 

Carlos: I know!  I’ve been busy lately at work.  I’ll do this weekend for sure.  Can I relax now?

「わかってるよ!最近仕事が忙しいんだ。今週末絶対にやるよ。もうリラックスしてもいい?」

 

Saya: You are not helping enough!  Most husbands help Japanese wives.  They even do everything!!  Why am I doing all alone?

「ぜんぜん助けてくれてないじゃない!ほとんどの旦那さんは日本人妻を助けてくれるのに。最初から最後まで全部やってくれるんだよ。なんで私は一人で全部やらなきゃいけないの?」

 

Carlos:  Stop now! 

「もうやめろよ!」

サヤの、Did you fill out the documents that I gave you the other day?の質問に対して、カルロスはI haven’t.現在完了の否定で返していますね。

このように、過去形で質問されたからといって、必ずしも過去形(I didn’t)で返す必要はないのです。

 

I’ll do this weekend for sure.for sureは「絶対に」というニュアンスです。文末につけるだけでOK。

 

カルロスとサヤのように、グリーンカード申請中に喧嘩をするカップルは少なくありません。

それほどグリーンカード申請に必要な書類が面倒なのです。

また、サヤのようにある程度英語ができる日本人の場合、その手続きをほとんど任されてしまい、不満に思う人も多いのです。

大変でもこれがアメリカで生活する第一の試練と思い、がんばることが大切ですね。

ただ、パートナーは助け合うものですから一人で背負いすぎず、本当に行き詰ったときは、きちんとどこが分からないのかをパートナーに説明しましょう。

 

(photo: Christian Steen/flickr)

お名前  (ニックネームでOK)
メールアドレス