産婦人科への電話予約【シチュエーションで英会話~妊娠編】

22 6月

author:

妊娠が発覚してすぐに、サヤは産婦人科へ電話予約をすることにしました。

 

Shelly: XXX obstetrics and gynecology.  My name is Shelly.  How can I help you?

「XXX産婦人科です。私はシェリーです。どのようなご用件でしょうか?」

 

Saya: Hi, Shelly.   Are you accepting a new patient now?

「ハイ、シェリー。新しい患者を受け入れています?」

 

Shelly: Yes we are. 

「はい、受け入れていますよ。」

 

Saya: OK.  I’d like to make an appointment.  I checked a pregnancy test yesterday and knew I’m pregnant.

「OK。予約を取りたいんですが。昨日妊娠検査をして、妊娠していることがわかったんです。」

 

Shelly: OK.  When is your last menstruation?

「OK。最後の生理はいつでしたか?」

 

Saya: It was March 2nd

「3月2日です。」

 

Shelly: You are 7 week pregnant.  How about next Wednesday at 11:00, 13:30, or Friday at 12:00?

「妊娠7週目ですね。水曜日の11時、13時30分、もしくは金曜日の12時はどうですか?」

 

 Saya: Oh,  I was hoping to go sooner.

「あら、もっと早くを希望しているんですが。」

 

Shelly: I’m sorry, but we cannot accept a patient less than 8 week pregnant. 

「申し訳ありません。8週を過ぎてから出ないと受け入れられないんですよ。」

 

Saya:  OK.  Friday at noon works for me.

「OK。じゃあ金曜の12時で。」

 

Shelly: OK.  Can I have your full name and your phone number please?

「OK。氏名と電話番号をお願いします。」

 

 

無事に電話にて予約をとることができました。

サヤが、Hi, Shelly.   Are you accepting a new patient now?「ハイ、シェリー。新しい患者を受け入れています?」と聞いていますが、これは医者が担当する患者が多い場合に、新しい患者を受け入れないことがあるからです。

サヤのように事前に聞いておくとよいですね。

 

また、オペレーターのシェリーが言うように、大体のアメリカの産婦人科は、妊娠8週に入らないと検診をしてくれません。

すぐに病院にいけないのはもどかしいものがありますが、私が実際に電話予約時、なぜ8週にならないと初診に行けないかの理由を聞いたところ、8週までにきちんと着床せずおりてしまうケースが多いためだそうです。

確かに理にかなってはいますが、アメリカならではの合理主義を感じますね。

次回は産婦人科での初診です。

 

(photo: the Italian voice/flickr)

お名前  (ニックネームでOK)
メールアドレス