赤ん坊連れの一時帰国~空港にて【シチュエーションで英会話~育児編】

24 10月

author:

サヤは日本の両親に孫の顔を見せるために、一時帰国をすることにしました。

カルロスは今回仕事の関係で同行することができません。

果たして親子ふたりっきりの初めての旅行

スムーズにいくことができるでしょうか?

 

 

Carlos: Do you have everything you need?  Do you have two passports?

 

「必要なものは全部持った?」

 

 

Saya: Yes.  Don’t worry.  We are gonna(going to) be OK.

 

「うん。心配しないで。私たちなら大丈夫よ。」

 

 

Carlos: OK.  Let me hug him.  Hey, buddy.  Daddy will miss you.  Enjoy with mom OK?

 

「オッケー。息子にハグさせて。ヘイ、バディ。ダディはお前がいなくなって寂しくなるよ。お母さんと楽しんでくるんだよ。」

 

 

 

チェックインカウンターにて・・・

 

 

 

Ground attendant: You signed up for support service.  Please meet us at Help Service Counter on 3rd floor one hour before the flight.

 

「お手伝いサービスにお申し込みいただいていますね。3Fのヘルプサービスカウンターにフライト時間の1時間前に来てください。」

 

 

Saya: One hour before the flight?  Do we have enough time to go through security?

 

「1時間前?セキュリティをその時間内に済ませられるんですか?」

 

 

Ground attendant: Yes.  We normally can arrive at a gate 20minutes before its boarding.

 

「はい。ゲートに搭乗の20分前には通常着きますよ。」

 

 

Saya: Oh, OK.  Thank you.  See you in one hour.

 

「あら、わかりました。ありがとう。それじゃ1時間後に。」

 

 

私が経験したことですが、大体の航空会社は

一人で旅行予定の妊婦赤ちゃん連れ子供だけの単身旅行

障害者プライオリティとしてサポートしてくれるサービスが無料で受けられます。

航空チケットの購入時、もしくは電話にて後から申し込みすることが可能です。

 

面倒なセキュリティなどもスムーズですし、

何より荷物を持ってくれるので

単身の赤ちゃん連れ旅行には欠かせません。

ただし、赤ちゃんの年齢の制限などありますので、

事前に航空会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

 

【知っておきたい英単語】

gate:搭乗口

baggage claim:荷物の受け取り場所

board:搭乗

 

(photo: Jim Epler/flickr)

お名前  (ニックネームでOK)
メールアドレス