夫の実家で過ごすクリスマス3【シチュエーションで英会話~育児編】

28 11月

author:

クリスマスのためにカルロスと帰郷して

早1週間が経ちました。

もう義理の家族宅にもすっかりなじみ、

過ごしやすくなってきたころです。

 

朝起きるとあたり一面が

真っ白な雪で覆われていました。

最高の雪景色です。

 

ただ、雪のせいで車が出せないため、

大人たちはそろって雪かきをすることにしました。

 

その間子供たちはそりで遊びます。

 

Carlos’s dad: Carlos, Saya, can you start from here?  I will do the slope.

 

「カルロス、サヤ。ここからやってくれるか?僕はその坂のところをやるから。」

 

 

Carlos: No.  You do here with Saya.  It’s not safe for you.  I will do the slope.

 

「いやいや、サヤとこっちやりなよ。俺が坂の部分をやるから。」

 

 

Carlos’s dad: OK.  Be careful, son.

 

「OK。気をつけろよ、息子。」

 

 

 

子供たちは坂のところでそりを楽しんでいます。

しばらくして・・・

 

 

 

Carlos’s mom: Kids!  Come inside.  I made hot chocolates!  You guys too.  Take a break.  I made coffee.

 

「子供たち!中に入りなさい。ホットチョコレート(ココアみたいなもの)あるわよ。あなたたちも。ちょっと休憩なさい。コーヒーいれたから。」

 

 

Carlos’s dad: Brrrrr.  Coffee sounds good.  Let’s take a break, guys.

「うう、寒い。コーヒーいいね。さて、お前たち、休憩しようか。」

 

 

シアトルでは、冬の間に何回か雪が降ります。

昨年は雪が膝の少し下の部分まで積もりました。

 

子供たちはみんな朝早くから

そりで坂を下っていて、

冬限定の遊びを堪能していました。

 

普通アメリカでは、車のとおりが多い道路は

除雪車が頻繁に通って雪かきをしてくれるのですが、

各々の家の敷地内まではやってくれません。

 

そこで、大人たちは車を出すために

道を作らなければならないのです。

といっても、よほどの用がない限りは

こんな日は家の中で

ゆっくり過ごす人がほとんどでしょうね。

 

(photo: Italy Chronicles Photos/flickr)

お名前  (ニックネームでOK)
メールアドレス