そんなこと考えてたの?アメリカ人男性の心の声パート2

19 3月

author:

3378613483_e36d7f4700

 

前回記事が好評のようなので、

今回も引き続きご紹介したいと思います!

 

・僕の彼女はとっても寒がり。暑いと思ってクーラーをつけたら「寒い!」ちょっと外の空気を入れようとおもって窓を開けたらぴしゃり!もっと体脂肪つけたら?

 

・日本では珍しくない便座カバー。もう慣れたけど、アメリカ人の知人が来る時ははずしてます。

 

・外で知らない人によく声をかける僕。彼女がいつも恥ずかしそうにしてるのはなぜかな~?と思ってたら、日本に行って納得。誰もそんなことする人いないよね。なぞだ。

 

 

ぜ~んぶ我が家でも当てはまります(笑)。

これらはアメリカ人男性と生活していて

誰しもがあたる壁ではないでしょうか。

 

日本人女性は冷え性な人が多いですが、

アメリカ人女性はどうかというと・・・

暑がりな人が多いような気がします。

 

寒い日でも普通に半そででいるのは男女変わらず見かけますし、

社内でもクーラーばんばんについていても

日本人女性のように何かはおったりなんて行動も目にしません。

 

う~ん、体のつくりからして違うのでしょうか?

やっぱり体脂肪量の違い?

 

暑がり、寒がりの差で困るのは赤ん坊への対応。

生後間もない赤ん坊は体温調節がうまくできません。

冬生まれのわが子。

夫はそんなに寒くなかろうと

朝方の室内温度は16度以下なのに毛布1枚。

 

私はもう一枚かけたほうが良いとひかず、

ちょっとした口論になりました。

今では良い思い出ですが、あの時は必死でしたね。

どちらも子を思っての対応なのですが、

体質が違うとどちらが正しい

とは言えないのが難しいところですね。

 

さて、面白いもので便座カバー。

これ、日本ならではのものです。

アメリカでは目にしません。

 

夫も最初こそものめずらしげに見ていたものの、今では

「冬はこれがなきゃ寒くてトイレ使えないよね~」

なんてすっかりお気に入りです。

 

TOTOのトイレのように便座が常に温まっている

便器なんてアメリカにはめったにお目にかかれないので、

直接便器の冷たさをおしりに感じずにすむ

便座カバーは、アメリカ人にとっては

新鮮なもののように感じるようです。

 

まあ、中には他人と同じ布に座るなんて・・・

と不潔に感じる人もいるでしょうから、

知人が来る時ははずしておくのが懸命でしょう。

 

(photo:vanessa_hutd/flickr)

お名前  (ニックネームでOK)
メールアドレス