Groundhog Day

30 1月

author:

2月2日Groundhog Day(グラウンドホッグ デー)

ヨーロッパからの古い風習で

春の訪れを占う日とされています。

グラウンドホッグとは

地中に穴を掘って暮らすリスの仲間です。

Groundhog Day当日は、

Punxsutawney Phil(パンクサトーニー フィル)と呼ばれる

パンクサトーニーというペンシルバニアの小さな町に住む

フィルという名前のグラウンドホッグが借り出され

春の訪れを予報し、アメリカ全土にニュースされます

 

グラウンドホッグが穴の外に出て自分の影を見たら、

冬が後6週間続くと言われていて、巣穴に戻り冬眠を続けます。

これは2月2日が晴れということを意味します。

 

そしてグラウンドホッグが自分の影を見ないと

春はもうすぐそこに来ているということで、

冬眠を終え地上での生活を始めます。

この場合2月2日が曇りということです。

ちょっと不思議な占いですね。

 

このGroundhog Dayをテーマにした

Groundhog Day(邦題:恋はデジャ・ブ)というタイトルの映画があります。

ペンシルベニア州のGroundhog Dayのイベントの様子も映っているいるので、

ペンシルベニアに留学したい方も

Groundhog Dayをもっと知りたい人もぜひチェックしてみてくださいね!

 

(photo: Aaron E. Silvers/flickr
(photo: Barbara L. Hanson/flickr)

お名前  (ニックネームでOK)
メールアドレス