映画留学のススメ:あの超有名映画監督が学んだ大学2校

26 9月

author:

 

 

アメリカで英語を学ぶ短期留学などとは違って、

専門的な技術を学ぶための留学は

場所学校の選択はとても重要です。

今回は映画留学をしたい方に

おすすめな留学の仕方をご紹介します。

 

 

映画といったらハリウッド

 

歴史の浅いアメリカで

アメリカ文化として特徴的なのは

ハリウッド映画でしょう。

映画留学するならハリウッドのあるカリフォルニア

学校が有名です。

 

特に有名な二校は

UCLA (University of California, Los Angeles) と

USC (University of Southern California)

どちらもとてもレベルの高い大学なので

入学するだけでも大変です。

 

UCLAで学べる映画学

まず、UCLAはロサンゼルスのウェストウッドという地区にあり、

街中に広大なキャンパスが広がっています。

ハリウッドに隣接しているのもポイントですね。

映画の撮影場所としてもよく使用されています。

大学ではFilmという学部で映画全般について学べ、

大学院では

アニメーション、

シネマ&メディア学、

撮影学(Cinematographe)、

白黒の映像時代だった頃の技術などを保存・勉強する

Moving Image Archive Studies、

プロデューサー、

プロダクション・監督(Production/Directing)、

脚本(Screenwritting)

と7つの専攻分野に別れ、専門的に学ぶことができます。

 

多くの映画賞を受賞している

ゴッドファーザーなどで有名なフランシス・コッポラ監督

この学校を卒業しています。

 

USCで学べる映画学

USCはロサンゼルスの南中央部に位置します。

州立のUCLAと違い、南カリフォルニア大学は私立なので

UCLAよりも学費が高くなることが予想されます。

また、UCLAでは大学の間は一般的な映画学を学ぶのに対して、

USCでは大学の時に既に専門分野に分かれて勉強することができます。

批評学(Critical Studies)、

映画&テレビ製作(Film & Television Production)、

アニメーション&デジタルアート、

情報処理メディア、

映画&テレビの脚本

の5つの専門分野があります。

 

そして大学院になると大学と同じ

批評学(Critical Studies)、

映画&テレビの演出学(Film & Television Production)、

アニメーション&デジタルアート、

情報処理メディア、

映画&テレビの脚本

に加え、

演出学があります。

 

USCの著名な卒業生には

ジョージ・ルーカス監督がいます。

 

映画がとにかく好きで

アメリカで映画のことを学びたいという人は

UCLAのFilmで映画全体を学ぶことをおすすめします。

映画の何を学びたいのかが決まっていれば、

自分が学びたい所に特化したところへ行った方が良いですね。

 

 

 

(photo:Pop Culture Geek/flickr)

(photo:photograherglen/flickr)

お名前  (ニックネームでOK)
メールアドレス