アメリカの教育システム~義務教育期間~

6 9月

author:

日本だと全国統一の教育システムですが、

アメリカではState(州)School District(学校区)によって

色々違うことがあります。

 

まず、義務教育(Compulsory Education)を見てみましょう。

日本では義務教育期間は6歳から15歳まで

小学校から中学校までですよね。

アメリカでは5歳から始まるところや8歳から始まるところ

終了するのが14歳のところ、18歳までのところと州によって異なります。

 

ある学区では、

 

Kindergarten 5歳~6歳

 

Elementary School 6歳~10歳 First Grade~Fourth Grade

 

Middle School 10歳~14歳     Fifth Grade~Eighth Grade

 

Highschool 14歳~18歳          Ninth Grade~Twelfth Grade

 

幼稚園一年間、小学校4年間、中学校4年間、高校5年間といった感じです。

 

その隣の学区では、

 

Elementary School 5歳~12歳 Kindergarten、

                  First Grade~Sixth Grade

  

Highschool12歳~18歳    SeventhGrade~Twelfth Grade

      

小学校7年間、高校6年間と通う学校は2つだけになります。

 

場所によって教育システムがずいぶん違うのがわかりますね。

 

そして、桜咲く4月から新学期が始まる日本と違い、

アメリカは9月から新学期が始まり

5月・6月頃一学年が終了し、長い夏休みに入ります。

 

また、Skipと呼ばれる飛び級はよく行われています。

一・二学年先の学年に在籍するのはよくありますし、

成績の良いクラスだけ先のクラスをとることもできます。

ここが日本よりも進んでいる点ですね。

 

また、義務教育期間でも

Home Schooling(ホームスクーリング)と呼ばれる

学校に通わずに、自宅での教育も可能です。

(photo:premus/flickr)

お名前  (ニックネームでOK)
メールアドレス