こんなに違うの?日本・アメリカ生活で使う単位 ~服のサイズ~

20 10月

author:

 

今回は日本とアメリカの服のサイズの言い方の違いについて

紹介したいと思います。

アメリカで長期滞在する人は

衣服を新しく購入することが多いでしょう。

また、旅行でもショッピングを楽しむときも役に立ちますよ。

 

 

私のショッピングの失敗談

アメリカに来たばかりの私はあるお店で、

“Do you have S for this cloths?”

とお店のスタッフに聞き、

“What??”と聞き返されたものです。

 

何が間違っているか

海外に行き慣れている人にはわかるでしょう。

Sサイズがあるかどうか聞きたかったのですが、

日本と同じように聞いてしまったのです

 

日本だとSサイズをエス、Mをエム、

Lをエル、XSはエックスエス

XLはエックスエルとアルファベットで言いますね。

 

でも、アメリカではSはスモールと言います。

SはSmallの略なので、

当然といえば当然なのですが・・・

 

同じようにMはミディアム、Lはラージ

XSはエクストラスモール

XLはエクストララージ略さずに言います。

 

後になって、「Sサイズはありませんか?」と聞きたい場合は

“Do you have this in small? “と聞けば

よかったのだと理解しました。

 

*この例は実はファストフードの

ドリンクやフレンチフライ(日本でいうフライドポテトのこと)

などのオーダーにも当てはまります。

エスが欲しいとオーダーするのではなく、

“I’d like to have a Small Drink”

スモールのドリンクが欲しいとオーダーするのです。

 

衣服のサイズは試着すれば

自分に合うかどうかわかりますが、

通常、日本よりもアメリカのサイズの方が幅が広い為、

日本で購入するサイズよりもワンサイズ小さめものが

ぴったりする人が多いようです。

 

(photo:danperry.com/flickr)

お名前  (ニックネームでOK)
メールアドレス