ネバダ州への留学

3 8月

author:

今回ご紹介したいのはカリフォルニア州の東隣にあるネバダ州
アメリカ50州の中で35番目に人口の多い州と聞くと、
田舎なの?と思うかもしれませんが、
あのカジノで有名なラスベガスのある州です!
ネバダ州の人口は約270万人、その人口の約70%がラスベガス周辺に住んでいます

ラスベガスという街

ラスベガスと聞くと、カジノで危険な街というイメージが浮かぶ人もいるかもしれませんが、アメリカ国内では一番人気の観光スポットと言えます。
近年では家族連れでショーを楽しみにラスベガスへ観光に行く人が非常に多いのです。
一度ラスベガスに行くとその魅力を忘れられずに
一年に一度は必ず行くという人も少なくありません。
毎日毎晩、ラスベガスの至る所で様々なショーが開かれています。

 

ラスベガスならではの留学

カジノは日本では違法なので、
カジノに興味のある人はもちろんですが、
ネバダ大学ラスベガス校 (University of Nevada, Las Vegas 通称UNLV)では、
他の州の大学には珍しいホテルマネージメントという専攻がある所です。
レストラン、イベント、ゲームなどの経営について学問として学ぶことができます

ラスベガスには世界中の人が観光に訪れます。
南国のリゾートハワイとは違うのはカジュアルではなく、フォーマルなものが多いこと。
多くのサービスが24時間営業なのも特徴的です。

国際的なサービス業を将来展開したい人にとってラスベガス以上に合う場所はないと思います。
ラスベガスの街を十分に楽しみながら短期の語学留学を楽しむのもいいですし、
今後の自分への投資としてラスベガスの留学経験色んな職業に生かすということもできます。

ただ砂漠気候なので、乾燥には十分気をつけてくださいね。

(photo:gibffe / flickr )
(photo:246-You / flickr )

お名前  (ニックネームでOK)
メールアドレス