メリーランド州への留学

9 9月

author:

東海岸のほぼ中間に位置するメリーランド州
他の州と比べると面積が狭いのですが、
約580万人が暮らしており、19番目に人口の多い州です。

アメリカの全てがあるメリーランド州

メリーランド州のニックネームの“America in Miniature”
小さな州の中にアメリカが全てつまっていると言う意味です。
海も山もあり、自然いっぱいの田舎と現代的な都市、
各国からの移民や文化を持ち、
18世紀から栄え続けた産業があります。

また便利な交通手段もあります。
バルティモア周辺のメトロエリア周辺には地下鉄(Subway
路面電車(Light Railがありますし、
バルティモアとワシントンD.C.、ペンシルヴァニア州を繋ぐ電車(MARC Trains)
長距離列車(Amtrackでアメリカ国内の各所に行くこともできます。

メリーランドの有名な大学

歴史の長い州なので教育機関が数多く存在し、
日本から多くの研究者がメリーランドに研究留学しています。
中でも、ノーベル賞受賞者を数多く輩出している
ジョン・ホプキンス大学(John Hopkins University)は難関校の一つで、
特に医学国際関係学などの研究でとても有名です。

国際連盟事務次長も勤めた教育者の新渡戸もジョン・ホプキンズ大学で学んだことがありました。

ワシントンD.C.はメリーランド州のすぐ側

メリーランド州に住む人々(Marylanders)にとって
ワシントンD.C.に行くことは日常的です。
アメリカの各州の地図を見てください。
アメリカの首都であるワシントンD.C.はメリーランド州の中の一部にあるように見えます。
隣というよりもメリーランドの端っこが特別地区になっているのです。
メリーランド州の最大の都市バルティモア市から車で1時間なのですぐに行くことができる距離なのです。
ワシントンD.C.の政府関係で働く人もメリーランドに住んでいます。

よくアメリカの中心はニューヨークだと思っている人がいるのですが、
アメリカの首都はワシントンD.C.です。
(西海岸のワシントン州ではなく、東海岸側にあり、
メリーランド州とペンシルバニア州の間にある特別地区です)

ワシントンD.C.には、
大統領が住むホワイトハウスはもちろんのこと

アメリカ合衆国議会議事堂(United States Capitol

リンカーン・メモリアル(Lincoln Memorial

ワシントン記念塔(Washington Monument

スミソニアン博物館(Smithsonian Museum )
入場無料なので、絶対に行きそこなわないように!

日本から送られた桜があるタイダイベイスン(Tidal Basin)では
毎年春に桜祭り(National Cherry Blossom Festival)が行われます。

溜息がつく程美しい景観なので、
メリーランド州以外にも東海岸に留学する人には
春にぜひ行って欲しい場所です。
さらに世界銀行国際通貨基金(IMF)などの本部や各国の大使館もあり、
アメリカそして世界の政治・金融の中心にいることを感じられます。

メリーランド州では、大都市ニューヨークや西海岸のカリフォルニアとは違った
落ち着いた留学生活ができます。
アメリカの首都ワシントンD.C.のすぐ側の生活を楽しんでくださいね!

(photo: Lee Cannon / flickr )
(photo: badgerworks / flickr )
(photo: Phil Roeder / flickr )
(photo: petcoffr / flickr )
(photo: Ron Cogswell / flickr )
(photo: dctim1 / flickr )
(photo: SodexoUSA / flickr )
(photo:eutrophication&hypoxia / flickr )

お名前  (ニックネームでOK)
メールアドレス